スタッフブログ

「後悔先に立たず」を身に着ける


こんにちは。講師C、海野です。

先週に突然寒くなりましたが、体調を崩した人はいなかったでしょうか。

勉強の実力も運動の実力も、健康の上にこそ成り立つべきかと思います。

月並みですが、健康には気を付けましょう。

 

さて、今回はタイトル通り、「後悔先に立たず」というコトワザについてです。

「後悔先に立たず」とは、「過ぎたことを後悔しても取り返しはつかないから、

後悔しないように前もって行動しましょう」という意味であり、

とても大切な内容が説かれているのですが、口にするのは簡単でも、

実践するのは大変むずかしいコトワザの一つであるように思われます。

 

「後悔先に立たず」を本当に身に着けるためには、

未来の「後悔している自分」を思い描く実力と、

「後悔するのはイヤだ!」と強く思う実力が必要なのですが、

そのためにはどうしても、強烈な後悔のイメージを知っている必要があります。

つまり、後悔をしないために後悔を知らなくてはならないという、

一種の矛盾(ムジュン)を解決しなくてはならないのです。

その解決のために何をしたらよいかといえば、一番は、

後悔に関する作品をしっかりとみることです。

自分ではない他者(作品の登場人物)の強烈な後悔を、自分のモノにするのです。

 

あくまで一例ですが、私の場合は、

『生きる』(1952年)という映画で後悔を勉強しました。

この映画は、自分の余命がわずかであると知った主人公が、

それまでの空虚な自分の人生を後悔し、

最後に一つの事業を成し遂げるまでのストーリーです。

主人公の後悔がとてもよく描かれた作品ですので、

興味と機会があったら是非観てください。

 

くり返しになりますが、「後悔先に立たず」とは、

とても大事なコトワザです。身に着けるのが難しく、

なんだか他人事のような気がしてしまうかもしれませんが、

後悔とはどういうものかを勉強して、

後悔しない実力をつけていきましょう。

 

 

最後に一つだけ。

『生きる』の中で、主人公が「ゴンドラの唄」という歌を歌うシーンがあります。

歌詞だけを見ると恋愛についての歌ですが、この映画の中では、

「後悔先に立たず」というコトワザと同じ意味で用いられていたように思います。

歌詞を引用して、終わりにしたいと思います。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「ゴンドラの唄」

 

いのち短し 恋せよ乙女

紅き唇 褪せぬ間に

熱き血潮の 冷えぬ間に

明日の月日は ないものを

 

いのち短し 恋せよ乙女

黒髪の色 褪せぬ間に

心のほのお 消えぬ間に

今日はふたたび 来ぬものを

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

  • 採用情報
  • PEGASUS
  • アップテンヘルスサポート