スタッフブログ

ゴミぜろの日 切手の救出作業


小学生の頃には、ケチのけーちゃんと呼ばれたこともございます、西尾です。

 

「はがきを書き損じた!」

「すでに切手を貼ってしまった!」

「貼る切手の額を間違えた!」

「封筒の大きさが違った!」

 

よくある失敗です。

そんな時は、貼り損じ切手のサルベージをしましょう。

 

切手ごと紙を水に浸(ひた)しておくと、

丸一日ほどで、切手と紙が自然と剥離します。

 

(一晩、漬けておいたら、切手が増えていた!? 超常現象を目の当たりにしてしまった。)

 

 

 

プールから上がったばかりの切手は

まだ水を含んでいてペラペラです。

 

乾かして糊付けして使いましょう。

 

 

※切手は立派な金券です。お金を捨てると、罰(ばち)が当たります。

 ここ、テストに出ます。( ..)φメモメモ

 

ゴミにこだわりをもつのは、美しく生きようとすればこそ。

 

日々、ゴミを減らす努力が、この世界をまちがいなくきれいにします。

他人のやりたがらないことを、こころよく引き受ける心のきれいな人になりましょう。

 

 

  • 採用情報
  • PEGASUS
  • アップテンヘルスサポート