スタッフブログ

子どもたちの心も育てたい…


今日は真面目なお話しです。

私には子どもがおりませんが、その代わりに塾生を皆、自分の子どものように感じています。

日々、一人ひとりの成長を見守ることが楽しくて仕方ありません。

そのことは自分自身にとっての支えにもなっています。

 

まだ子どもの気持ちのままで向かえなければならない、中学受験や高校受験では、

子どもたちの心が成長しないと良い結果にはつながりません。

叱咤激励を繰り返して、自立心を芽生えさせ、自主性を持って勉強に向かわせること、

「やらされている勉強」から「自らやる勉強」へと変えることが求められます。

 

私は思います。

塾は勉強だけを教える場ではないということをです。

子どもたちがいずれ社会に出たときに、自らの意志を持ち、自ら考えて、

先の見えない未来に向かって、勇気を持って進んでいける強さを身につけてほしいと…

 

挫折をして、どうにも前に進めなくなった時は、誰かの助けが必要になるでしょう。

人との良い出会いで助けられることもあります。

誰かが認めてくれることで、色々なチャンスを手にできることもあります。

人は一人では生きていけません。

 

私は受験勉強や日頃の勉強を通して、こうしたことも学び取って欲しいと思っています。

実直に何かに取り組む姿勢であったり、礼儀正しさや謙虚さ、素直さを身つけられるようにです。

そのような人であれば、自然に人が集まってきてくれます。

そして、そのことは自分自身のかけがえのない財産になることを知るはずです。

 

勉強の成績を上げるのはもちろんですが、人としての成長も見守りたいと思っています。

 

by塾長

 

  • 採用情報
  • PEGASUS
  • アップテンヘルスサポート