スタッフブログ

7月 盛夏


西日本豪雨に見舞われた方々の一日も早い復興をお祈りいたします。

 

小学生の頃には一時的に三重県に住んでいました、西尾です。

社会の授業で伊勢湾台風について調べたことを時々思い出します。
その頃のご近所さんが、確か岡山県倉敷市に引っ越されたと記憶しています。

ご無事でいらっしゃることを祈るばかりです。

 

名前に西が含まれているため昔から西のことが何となく気になってしまいます。

愛知県西尾市然り、京都「八ツ橋」本家が西尾さんなのは驚きましたが、果ては長野県長野市西尾張部(区切る位置がちがう)に至るまで、何の関係もない事象に謎の親近感を覚えます。

 

なにもできやしませんが、塾の入り口の掃除をしてみました。あと模様替えも。

 

暑い中、泥を掃き出したり、重い瓦礫を運んだり、現地の人の苦労はこんなものではないのだろうなと、想像することで少しでもいたみを分かち合えたらいいのにと思います。

 

もっと簡単に人の負の感情を吐き出させてあげて、できることならそれを取り除くか、代わってあげられたらいいのにとは思うのですが、それをするためには人間はテレパシーが使えるわけではないですから、現実的には心の壁を取り払った状態で相手の全部を受け入れてあげることくらいしかできないのではないかと思うのです。

 

取り留めのない話に目を留めてくださり、ありがとうございます。

心頭滅却すれば火もまた涼し。そう考えることにいたします。

 

  • 採用情報
  • PEGASUS
  • アップテンヘルスサポート